けろりん徒然草

kerorin33.exblog.jp

蛙好きのぐ~たら会社員 けろりんのつぶやき

ブログトップ

<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

最近にしちゃ珍しく(?)仕事で忙殺されている、けろりんです。

c0025318_22325450.jpgようやく買いました。シリーズでファンの人は一通り読んだ後なのでしょう。

今朝、地下鉄で横に座っていた高校生のお嬢さん方が熱心に話しておいででした。。
や~め~て~~~ (T_T)

あたしは、これから読むんだっつーーの!
[PR]
by kerorin33 | 2006-05-31 22:38 |

おいち~~!!

先日ネットを徘徊している時に、とってもおいしそーなモノ発見!
そして簡単に作ることができそう!(それが一番大事・・)

旬の食材を使って早速やってみましたよ、ドライトマトつくり
イタリア帰りの私に、なんてぴったりなんでしょ♪

c0025318_22275524.jpgミニトマトとかフルーツトマトのように、小さくて味の濃いトマトを半分に切って、クッキングシートを敷いた天板に切り口を上に向けて並べて、110℃のオーブンで2時間ほど焼くだけ。
この時点でつまみ食いしても、そりゃーーーおいし~のですが・・・

c0025318_2231381.jpg保存もかねてオリーブオイルに漬け込みます。このトマトの旨いことったらっっ!!
あっさりしたクリームチーズとこのトマトをつまみに、ワイン1本くらいあっちゅう間!
オリーブオイルにもトマトの甘みと香りが移るので、バルサミコと一緒にサラダにかけたら、これまた激旨。
この時は時間があったので、トマトを追加購入して保存用まで作っちゃいました。ああ、幸せだな~♪

一番費用がかかったのが、多分オーブンの電気代だと思われます。。。
皆さんも気が向けば是非。 おっ、なんか普通のブログっぽいね、今日は。。(-_-)
[PR]
by kerorin33 | 2006-05-29 22:39 | 日記
脳内メモリ不足のため、どんどん忘却状態に入っている記憶を無理やり引っ張り出して
作製しております。まだしばし続きます、ご辛抱をば。

c0025318_22323441.jpgヴェネツィアを後にして乗り込んだユーロスター。
速度の順序で言うと、インターシティ<ユーロシティー<ユーロスターだそーです。
どこでも、早いヤツには『スター』ってつけるんだな。3時間近くかかるので、1等の切符を買ってみたわけですが“COACH2”(2号車)なのにこともあろうに車両の窓にでかでかと書かれていた『2等』の表示を2号車と間違え、12号車に乗って先客の切符拝見までやった後、20分かけて車両10両分をエンエンと縦断した愚か者でございます。

記憶がぶっとんだまま(寝てた)、あっという間の3時間が過ぎフィレンツェの
サンタマリアノベッラ駅に到着。ココ、中央駅だよね?一番栄えてるんだよね?? 
でもなんか天王寺チックな雰囲気が漂う駅。ううむ、暗くなったらなんだかヤバい? 
とにかくホテルに行かなくては。

c0025318_22344077.jpgここ本当に入り口かっつう細い路地に面した扉をくぐり、とりあえずロビー風の机にいるおっちゃんに近づくと、向こうから『Ms.~?』と聞いてくる。へっなんでわかんの?と思ったら、『今日来る予定の日本人君らだけやし・・』とご返答。そっかー日本人あまり来ないとこなんだ、と不安は募るが、
とりあえず禁煙ルームをゲットした。
部屋から見ると横もホテルのようだが、何かこう・・下町っぽい感じだねぇ。
この部屋には散々な目にあうのだが、そりはまた後ほど。

c0025318_22361663.jpgさて、フィレンツェといえば、ドゥオーモが有名ですね。元々建築物として名高いのだけど、かの『冷静と情熱の間』で更に有名になりましたね。
偶然にも、open直後(朝8時半)に入り口付近を通りかかったので、すいていることを幸いに果敢にも登頂に挑んでみました。


まずはドームの内側に描かれたフレスコ画がよく見える中段へ。お、天国と地獄が。
c0025318_22374161.jpg

さらにどんどん狭く、急になる石段をへーこらへーこらと登り続けて、
来たことを後悔する頃ようやく先端の展望台(?)に。んま~~絶景なり~~。
c0025318_22434448.jpgc0025318_2239240.jpg
まだ早いので、人も少なくゆっくり見れたけど、
こんな世界的な建造物にあまりにもたくさんの落書きが・・・ええんかな~こんなので。
ムードもあったもんじゃない落書きの山に、登頂時のあまりにもの急な石の階段。
ロマンチックに10年ぶり(ん、5年ぶりだったか?)に再会する場所って感じは全然しませんでしたことよ。ま、でも景色は本当に綺麗でしたけどね。
3組ほどのカップルに頼まれてシャッターも押しましたけどね。

c0025318_22414356.jpgこんなほとんど1人分の幅しかない通路なのに、相互通行なんすよ!
これすいてたからよかったものの、混んでたら上からと下からの人で、中で蒸し焼きになってたかもしれません。出て行く時にみたら既に長蛇の列でした。やはり行動は“朝早くから!openしてすぐ!”ってのが必勝パターンであると確信。

この日は、1日の最初に体力の80%を使い果たしたため、
有名なミケランジェロのダビデ像がある美術館(アカデミア美術館)に行った後は
町をほっつき歩くだけで終わってしまいました。

c0025318_22465065.jpgこれがダビデ(の一部。レプリカだけど)。
ダビデはナント倒壊防止のために振動計を取り付けられ24時間監視体制下で立っておられました。ま、6mもあるんだから倒れた時はただ事ですまんと思います。

アカデミアの中の一角に『メディチ家の楽器博物館』があって、
メディチ家お抱え楽団の楽器やらの展示がありました。ストラディバリも発見。
また世界最初のアップライトピアノやら、ハープシコードの原理模型やら、
小規模ながらも中々楽しめました。
ほとんど案内には出ていないのですが、お好きな人は必見かな?。
・・・・これ、もしかして特別展だったのかも。
今となっては不明ですが、行ってみてもなかったら、すみませんってことで。

本日は力尽きたので、to be continued...
[PR]
by kerorin33 | 2006-05-28 22:57 | 旅行

お、重すぎる・・!!

今日は、今使っている装置の解析ソフトの使い方をみっちり教えてもらおーという
研修の日であった。
(悪名高き、英語版でマニュアルも英語しかないヤツ!)
ソフト研修なもんで、ノートPCを持参しろとのお達し。

持ち運べるB5ベコは蝶番に支障をきたして、既にお蔵入りしているので、
(ましてやWindowsMeなんて20世紀の遺物である・・)
お家でのメインマシンである、無骨なDELLのA4ノートを持ってくことにした。
液晶でっかめ、オールインワンマシンなので、重いことこの上ないのょ。

会場についたら、ソフトのCDやら、厚み1cmはあろうかというテキストを2冊ももらう。
・・・・・・あまりにも高度すぎて、一言でも聞き漏らしたら、即路頭に迷うという
集中力バリバリの研修を終えた夕方。息も絶え絶えの生徒達の前に差し出されたのは

ワインの壜/1人1本  はっ???????

『修了証でも作ろうと思ったんですが、そんなのもらってもおもしろくないですし。
これで疲れでも癒して下さい。あ、でも飲んだら全部忘れたってのはナシですよ、ははは』
と爽やかにのたまったのは、超高度な内容を早口で6時間まくし立てた講師の先生であった。

さすが、装置のパスワードを
【utahski】(本社が米国ユタ州にあって、しゃちょーがスキーが好きだから)
に設定するとゆー、ナイスな会社の選択は粋である。

c0025318_13384.jpg嬉しいよ、嬉しいけどさっ!! コレ持って帰るん?? 無骨なDELLマシンのために用意したカバンには、これまた全部すっぽりと入ってしまった。
私これから、飲みに行くんだけどこれ持ってくのか~~ (T_T)

久しぶりに全身の骨の悲鳴を聞きましたが、何とかワインを投げ出すこともなく、無事に持って帰ったぞ! あーあ、体がゆがんじゃったよ。。。とほほ。
[PR]
by kerorin33 | 2006-05-26 23:47 | 日記

明日はるん♪

何だかざわざわした1週間だったこと!
昨日は、去年もやったタイの大学生研修日デシタ。
今回は学生さんも1人だから楽勝~と思ってたら。。
「担当3時間だからねー」とあっさりのたまう事務局。

ちょっとまてぃ~~~!!
2人で分担する予定だったけど、どっちも1時間分ぐらいしか準備してないしっ。

前日の夜に、またしても夜なべの仕込みが行われたんでありました(T_T)。
でも一番困ったのは、当日に「資料増えたから」といきなり渡された通訳さんだったと思います。
ごめんちゃい。
通訳なしで1時間以上の研修するのは、私にはやっぱり無理デシタ。
10分ぐらいならなぁ。。てへ。
でもまあ心配してた時間も、雑談も織り交ぜながら(しつこいけど通訳入り雑談)
しゃべってると何とか持たすことができるもんです。でも座学は眠そうだったけどね。
・・・・・自分が研修とか受けてる時も、眠いってことは講師にはモロバレなんですな。。。

前フリが長くなったが、そんな1週間も今日で終わり!
明日は、自分がお勉強しに行くセミナーなのだーー。
家出る時間は遅くていいし、1人だから気楽だし。既に気分はお休みモード。
こんな時はついつい、夜更かししちゃうんだよねぇ。るん♪

内容的には高度なはずの明日の内容。きっと後悔するぞぉぉぉぉ。。。
[PR]
by kerorin33 | 2006-05-25 23:55 | お仕事

Xデー

今年のXデーは、6月12日であることが、今日判明しますた。

おや? 普段はGW明けすぐが多いんだけど。 ラッキーー!!
まだ3週間近くあるわねん♪

でも今からがんばっちゃうと、努力が無駄になる可能性があるので、
6月入ったぐらいからスパートをかけようかな。
・・・・ってなこと言ってると、直前にヤケクソになっちゃうこともよくあるんだけど。


【語句解説】  Xデー = 健康診断 = 体重測定
[PR]
by kerorin33 | 2006-05-24 23:07 | 日記
多分半年ぐらい前に買ったであろうチケット。
ソリストは、諏訪内晶子さんの予定だったんだが、4月末に急遽ヒラリー・ハーンに変更。
(ご病気のためらしい)

しゃあないよね、生身の人間なんだし。
思いもかけず、ヒラリー・ハーンが聞けて嬉しいよ、あたしゃ。
でも払い戻しを一切しなかった劇場も結構根性だなぁ~~。
(諏訪内さんだから・・という人も結構多かったろうと思うんだよね。)
でもまー満席だったし、まーるく納まった感じでよかったと思いますが。

プログラムは、オールベートーヴェンで。。
1.序曲『コリオラン』 作品62
2.ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品61 (ソリスト:ヒラリー・ハーン)
3.交響曲第3番 変ホ長調 作品55 『英雄』

鳥羽からダッシュで帰ってきて、ヘロヘロになりながら出かけた演奏会だったが
もう涙が出るくらいよかったれす。あああ、なんでこんなに音が綺麗なんだろうねぇ~~。
ワタシの楽器(腕も)は、形は似てるけど多分全然違うものなんだよねぇ。
ハーンはコンチェルトの後で、バッハのパルティータ(サラバンド)をサラっと弾いてくれますた。

オケも、人数がそんなに多くないのに音が豊かで粒が揃ってて、よかったよー。
1stなんかせいぜい4プルぐらいしかないのに、あんなに音が広がるんデスネ。ううむ。
皆ノリノリで弾いていたのが非常に印象的でした。
(プロに対してエラそ~な感想だけど、本当にそうだったのだ。)

c0025318_2232334.jpgミーハー根性丸出しで、お買い上げCDにサインしてもらいました。ついでにちゃっかり握手も。。♪ちょっとはご利益ありますよーに。
(余談)このCD、バーンスタインのコンチェルトも入ってまして。。ジツになんとも不思議な曲で、眠りながら聞いていた私は、悪夢でうなされるって事態に陥りました。バッハ・モツ・チャイコ等ではいつも爆睡して全く覚えておらんのですが。。
[PR]
by kerorin33 | 2006-05-22 22:40 | 音楽

鳥羽水族館

この前旅から帰ってから、まだ丸1日のお休みを全く取っていない、けろりん。
なのに、土曜日~日曜日にかけて、よんどころない事情で三重県鳥羽市にいます。
日曜は午後から、☆ヒラリー・ハーン☆を聴きに行くので、さっさと帰らねば、ねば。

小学校の修学旅行を皮切りに、何度来たことでしょう。>鳥羽

来ると、他に行くところも特にないので、行っちゃいますよ、鳥羽水族館。
まあ水族館ですが、ここの特徴は海獣が多いことかなぁ。
ラッコブームの走りでもあったような気がします。
ワタシの一押しは白いスリムな鯨(イルカ?)の『スナメリ』
口角(?)がニッと上に上がっているので、笑っているような愛嬌のあるお顔と、
好奇心旺盛で、手をひらひら動かすだけで反応してくれる所が可愛いです。

例によって例のごとく、カエル達の水槽にもへばりついて堪能してきました。
しみじみとイエアメガエルは可愛いねぇぇぇぇ・・・・

c0025318_18564046.jpg海の幸がおいしい鳥羽ですが今回の目玉ご飯は、このエビフライ。とてつもなくデカイです。おまけに分厚くて中々噛み切れません。街中でもあまり人がいないのに(!!??)、このお店の前だけは人が列をなしてました。それも納得。 
あまり行く機会はないでしょうが一度はお試しの価値ありと思いました。11時開店だそーですが、既にその時点で行列が・・・なんですと。
[PR]
by kerorin33 | 2006-05-21 19:00 | 行ってみたとこ
寝不足の癖に、時差ぼけの一環か異常に早く(5時くらい)に眼が覚めた。今日も寒い!
おまけに大雨・・(またしても国境を越える雨女 ToT) 
昨日のタク乗り場のにぃちゃん、今日は暖かくなるって言ったやんか~。
4月も終わりだっつうのに、最高気温12度ぐらいしかないんである。
イタリアって暑いイメージがあるのになぁ・・・

寝不足で雨で寒いけど、部屋に篭ってるなんてもったいないことできないので
簡素な朝食を平らげ、早速ヴェネツィアへお出かけ。
そう、ヴェネツィアは網の目のように運河が走った島なのだった(といっても橋と電車はある)。

c0025318_2294477.jpg本土側の駅Mestreから、ヴェネツィアの入り口Santa.Lucia駅まで一駅だけの電車の旅。駅の入り口からいきなりホームなので、改札も何もなし。切符どこで買ったらいいかもわからん。(うろうろしてたら見つけたが) 時刻表あっても意味ないし、ホームの番号も毎日変わる。
そして、表示板壊れてるのもそのまま!! 噂には聞いてたけど、イタリアおそるべし。
おお!写真でよく見るヴェネツィアだよー。そのまんまだよーー。
c0025318_22145927.jpgc0025318_2215832.jpg
そして朝の御堂筋線なみに人がいるんだが、日本人いないっ!!みなどこ行ったんだろう。
ツアーの団体様=日本人というイメージはここで見事崩れ去る。英・仏・独・伊・西・中・韓etcの様々な言語が飛び交うとんでもない人ごみの中で1日過ごすハメになっちまった。(メーデーの連休かなんかだったそうで。。。。)ああ、皆、縦にも横にもでかいので視界が悪い。ううう。

c0025318_22172176.jpg多分ここで一番有名な、サンマルコ寺院です。ベーカリーレストランじゃありません。
聖マルコのお休みどころらしい。聖マルコって、マルコ伝の人かな?
中も美しいらしいけど、3時間入場待ちの列なんかにつきあえましぇん。


c0025318_22194694.jpgここのイメージってどこかで・・と気になっていたが、ふと思いついた。東京ディズニーシー!!
あっちが真似したってのは知ってるが、道は細くて迷路のようだし、おもちゃのような船がうようよしてるし、車はいないし、どの道にも地図と首っ引きな人が大勢うろうろしてるし・・と本当にテーマパークのようであった。。って、なんてイメージが貧相なのかしらん。
_| ̄|○

雨の日にはゴンドラもほとんどいなかったけど、翌日の晴れた日には渋滞状態でした。
お兄ちゃん!そこ進入禁止じゃ!!?? 優雅だけれど、水上バスやら水上タクシーの大勢の人からよってたかって見られますよぉ~。
c0025318_22235153.jpgc0025318_2224257.jpg

ヴェネツィアは、海産物が有名です。イタ飯の中でも魚介類系がオイシイ。
今回の一押しantipast : 魚介類の前菜(まんま・・)です!
でもあっさりしていて、香り豊かで本当にんまかったよ~。あ、ピザもおいしかったデス。
c0025318_22275837.jpgc0025318_22281063.jpg

見所は本当にイッパイありますが、レース編みの島(名前忘却)、ヴェネツィアグラスの島(ムラーノ島)なんかに水上バスで行っちゃうのもいいですね。ガラス好きな私は、ムラーノでよだれ垂らしてました。でへへ~。
[PR]
by kerorin33 | 2006-05-19 22:30 | 旅行

イタリア日記(1)

さて・・・と、3日間かけて『ダ・ヴィンチコード』も読み終えたことだし(・・えっっ??)
ぽちぽちupと行きますか~。
余談ですが、ダ・ヴィンチ~まあまあおもしろかったです。
でも最後の最後で??が渦巻くワタシの頭。 コレ、謎解き本も買えってことですか(T_T)
しかしっ!! 3冊に分けるこたぁ~ないだろー。2冊で十分っすよ。

4/29(土)の真昼間。
本気でテレビカメラからは逃げる(例のごとく会社には言ってないから)
気構えじゅーぶんでしたが、人も割合少なく取材も一段落した後のようでした。
多分10時前後フライトのアジア便チェックイン時にはすごかったんでしょう。

本当はイタリアへ直行する『アリタリア』に乗りたかったんだけど、土曜日フライトはなし。
じゃ、『KLM』か『ルフトハンザ』で・・と祈っていたにもかかわらず、取れた飛行機は
『エールフランス』でありやした・・・うわ~ん。 (待ち時間長すぎるんデス。。)

c0025318_22492156.jpgこれ、既に搭乗してから8時間ぐらい経ってるんだが・・まだ北極圏?まあでも、比較的下がたくさん見れたのでおもしろかったなぁ。
シャルル・ドゴールまで、パーソナルテレビがついてるので結構色々遊べました。『ナルニア』を1回半見て(途中からだったので)、英語版ミリオネアに没頭し、上海で遊んでたら、ナント12時間!
一度も眠らず。でも眼をや、やられますた・・。(9時間近くも画面見てたんだ。。あったりまえ)
でも上海は、結局一度もクリアーできず。うう、ぐやじい。

c0025318_2304388.jpgなんともエーかげんな入国審査を終え、次のフライトまでの時間が4時間。日本時間では既に夜中の12時を回っているはずで、お腹は一杯だは(だから飲み食いで時間がつぶせない)眠いは、でも眠るわけにもいかないは。免税店をちょっと見るも、たいしたこともないし、何より買い物で荷物を増やすわけにもいかない。
強引にエスプレッソを胃に注ぎこんでかろうじて眼を開いていたものの、あの待ち時間は今回の旅で一番ツラかったなぁ。
ヴェネツィア行きの飛行機に乗り、約2時間のフライト後、マルコポーロ空港に着いた時は、本当に嬉しかった。
最初はバスに乗ろうかーとか言ってたのだが、そんな体力的余裕はどこにもなく
タクシーを捕まえてホテルに直行。客引きのにーちゃんは、ものすごいイタリア訛りの英語を
話してくれたが、運ちゃんは英語を全く話せない模様。沈黙の車中でひたすら眠気に耐える。

夜中到着を考えて、ヴェネツィア島側ではなく本土側にホテル取ってて本当によかった!
ようやく、これで眠れたのでした。ああ疲れた。  これだけ?<以下次号に続く>

【オマケ情報】
シャンパンが出るのは、エールフランスだけだそーデス。おいしかった~♪
JALだとビジネスでしか出ない、『うどんでスカイ』も途中で自由に食べることができたよん。
・・・日清どん兵衛と同じ味だけど、こーゆー時って妙においしーんだよねっ。
[PR]
by kerorin33 | 2006-05-18 23:18 | 旅行