けろりん徒然草

kerorin33.exblog.jp

蛙好きのぐ~たら会社員 けろりんのつぶやき

ブログトップ

夜のピクニック

恩田 陸 著(新潮文庫)

あっさりと12月に突入しましたが、久しぶりの本の話題を。
この本、2004年に発売された当時から非常に興味があったんですが
第2回本屋大賞を取ってしまったため、なっかなか文庫落ちせず。
待ちに待って、ようやく今年9月に文庫化されたものです。

映画化もされたようですが、期待通りのおもしろさ!
特に事件らしきものも起こらず、一晩かけて歩く高校生の行事を描いた小説ですが
昔を思い出しながら、胸キュン(死語)で一気読み。
ん~~~若いっていいなー♪私にもこんな時代あったなー・・・え、あったかな??

私にとっては、映画よりも、恩田さんの言葉の洪水に溺れることができる活字の方が好みです。
日本語って美しいー、豊かだなーと思える大好きな作家の一人なのれす。
細かい内容を書いてしまうと興醒めなので、ネタバレは一切なしってことで。

寝る時間も食べる時間ももったいなくって、早く先が知りたくて本を読む・・・ってことが
大人になって中々できなくなりました。
私は子供時代、学校以外の時間の大半はそうやって過ごしてきたけど(他に娯楽もなかったし、
特に勉強も強制されなかったし)結構シアワセな経験だったと今になって思います。

そんなシアワセを思い出させてくれた本書に感謝。
久しぶりに恩田さんの他の本も読み返してみようかな~♪

↑そんなコトをやってる場合ではないのだが・・・・これってただの現実逃避か・・
[PR]
by kerorin33 | 2006-12-02 23:59 |