けろりん徒然草

kerorin33.exblog.jp

蛙好きのぐ~たら会社員 けろりんのつぶやき

ブログトップ

夏時間考

旅行の写真の整理にもまだ手付かずですが、思ったことなんかを
ちょぼちょぼとupしていこうかと思いやす。

欧州から米国にかけては、『夏時間』制度が一般的ですね。(すでになっとりますが)
にもかかわらず、日本よりは高緯度のためか21時頃まで明るいのですなっ!!
正直、20時になっても夜になった気が全くしません。まだお日様が出てるんだから当たり前か。

こーゆー国には、必要でしょうとも夏時間。

日本でも、労働時間削減のための夏時間導入案ってのが、ちょっと前にあった気がします。
(ってゆーか、”早く帰ってゆっくり余暇を楽しもう”的なコンセプトだったかも・・)
断言!それは無理
なぜって
全日労働者は明るい内に帰るってことに一種のうしろめたさ(?)を持ってるからです。
『わ、こ、こんな明るいのに帰っちゃっていいのかな~。なんかワルモンみたい』
と半日有休を取ったときなぞは、すちゃらか社員のワタシでも思います。
(シフト制で働く方や、夜間に働く方などには当てはまらんと思いますが)
1時間前倒しになったら、その分残業が増えるだけでしょ~。

それよか、真剣に労働時間を削減する気なら、『冬時間』を制定したらいーと思う。
冬季に1時間後ろ倒しにするの。
朝は、出勤時には明るいけど、15時頃から暗くなるんだよ~。
労働意欲が減退すること確実です。これ是非やってほしいなぁ・・・・(個人的意見)

罠・・暗くなると一旦は減退する労働意欲ですが、ある限界を超えると
   暗ければ暗いほど妙にハイテンションになる場合もあるので、
   さらに長時間残業に突入する危険性あり。(いわゆる、ナチュラルハイ??)
[PR]
by kerorin33 | 2006-05-10 23:36 | 日記