けろりん徒然草

kerorin33.exblog.jp

蛙好きのぐ~たら会社員 けろりんのつぶやき

ブログトップ

本の感想

ということで、せっかく作ったカテゴリに沿って(??)最近読んだ本について。

スペース (加納朋子著 東京創元社)
去年の6月発売と同時に買ったものの、積読状態になっていたもの。
実は、これはシリーズモノの3作目となります。
前2作は、①ななつのこ ②魔法飛行 というすでに文庫にもなっている作品ですが
これらが書かれたのは、なんと10年前!

今回スペースを読むにあたって、すっかり忘れていた前2作も読み返しましたが
とっても懐かしく感じました。そうそう、あのころは、携帯も電子メールもなかったんだよねえ
私もこんな時代があったんだよねえ・・(ああ、ばばくさ??)

作中では、前作魔法飛行から2週間ほどしか経っていない所から始まります。
今の世間の様相に照らすと、非常に古臭い設定なのですが、加納さんの独特の文体と
いつもながらの、あっと驚く仕掛けにうなりました。
えーっえーっえーっ、あの人とこの人にこんな所で接点がっっ!!?? ヤラレタ・・・
これだから、ミステリ作家の書くモンは油断できないんだよね・・ぶつぶつ。

これが楽しくて、ミステリ読みはやめられない!

加納さん一時お休みされていたようですが、最近ちょこちょこ著作を拝見します。
うれしい限り。今年も注目の作家です。
[PR]
by kerorin33 | 2005-01-16 20:04 |