けろりん徒然草

kerorin33.exblog.jp

蛙好きのぐ~たら会社員 けろりんのつぶやき

ブログトップ

兵庫県立美術館

でやっている、『アムステルダム国立美術館展』
年明けには終わってしまうし、全国で神戸しかやらないし、なによりフェルメールが来てるしで、
覚悟して朝一で乗り込んだんだけど・・・・
あれっ????? すいてる・・・これってかなりガラガラ??

途中で段々人は増えてきたものの、海外のデカイ美術館並の人でゆっく~り堪能できました♪
これも、寒波の影響かなぁ。 いやぁ、ラッキーでした。

c0025318_23145544.jpgで、最後会場を出たところでメールサービスがあって、こんなファイルを自分宛てに送ることができるんです!
おっきいのと携帯用の2種類、全部で6種類ぐらいの絵柄かな?
う~ん、中々粋なサービス。でも、こーやってブログなんかに貼ってもらえれば、美術館側にとってもよい宣伝になるんでしょーね。
ま、一応一押しのフェルメールさんを貼ってみました。


世界史にはからっきし弱い私。同行の友達と、
「オランダの歴史ってどんなん?」 「あ、アタシ東インド会社だけは知ってる!」 
「長崎の出島に来てたのはオランダだよねぇ」 
「だから、オランダ村があそこにあるんじゃなかったっけ?」 
ってな具合の低レベルの会話しかできませぬ。
関連年表を見ていたら、知ってる単語とか人名もチラホラと。あーもっと勉強しとけばよかった!
と思ったけど、高校の世界史じゃ、「東インド会社」ぐらいしか出てこないよね、ね??

でもこの時代のオランダ画家の画風って結構好きなので(特に風刺・比喩がこめられた絵
が好み) ちょっと美術史の本でもひもといてみようかなっと。
でも多分読むのはマンガ・・(-_-);;;

すべての絵のラベル(?作者とか製作年とか書いてるヤツね)に、一言ずつ解説がついてる
のが嬉しくて、丹念に読んでいくと、結構辛らつなコメントが。
いやーー21世紀の日本人に 「洗練された雰囲気には欠けている」だの
「厚塗りさが有名」だのって解説されているとは思ってもみないだろーね。
(あ、全体的に好意的な書き方でしたけど・・・ところどころにえ?みたいな辛口が。。)

まあ、とにかく寒い1日。でもでもでもでも!!!
今週末がルミナリエが見られる最後の土日とあって、夕方から信じられない人がっ!
恐るべしルミナリエ。
そんな人の流れに逆らって、やっぱりさっさと帰ってしまったけろりんでした。
[PR]
by kerorin33 | 2005-12-17 23:34 | 行ってみたとこ